Super Junior イトゥク & ウニョク 最後のメッセージ @シュキラ ウントゥクDJ 最終回 111204 (3)

Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回



イトゥク:
シュキラを輝かせるために…
ついに!芸能人が一人到着しました~


ウニョク:
ふふふ


イトゥク:
韓流スターがシュキラを
訪ねて来てくれたんですが~


ウニョク:
本当に?誰が?w


イトゥク:
今では韓流スターを超えて、ワールドスターと紹介してくれと自分から言ったそうですよww


ウニョク:
僕はただのシュキラヘビーリスナーだと思ってたけど?w


イトゥク:
あはは!この方はあだ名がありますね~スリー!3!


ウニョク:
スリーメン!!
 (←以前に出た恋愛バラエティで「男3号」という名前でした)


イトゥク:
掲示板ではこう言われていました
「やることがない芸能人」


ウニョク:
ははは!
韓国で10時から12時まで一番やることがない芸能人ww


イトゥク:
イ・ドンヘさん!
外にいるのかな~?
あれ?控室にいるの!?ww


(紹介されてるのにスタジオにいないドンヘ)


ウニョク:
ちょww
探す時に限っていないんだよねwww


イトゥク:
ドンヘ!入って来てください~


ウニョク:
来て~………ください
  (←放送用に丁寧に言いなおす)


イトゥク:
イ・ドンヘさん!
唯一シュキラを輝かせるために…


ウニョク:
本当に光栄なことだねw


ドンヘ:
僕のマイクはどこ?


イトゥク:
マイクはないよw


ウニョク:
ここにいればいいよ


イトゥク:
まず挨拶をお願いします


Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回



ドンヘ:
アニョハセヨ!
Super Junior ドンヘです!
シュキラヘビーリスナーの…


ウニョク:
ふふふ


ドンヘ:
僕はわざとスケジュールを空けてるんですよ?10時から12時まで!


イトゥク:
(最初から)ないの?
それとも、なくしたの?


ドンヘ:
なくしたんですよ!
さっきもドラマとか映画とかが、いっぱい入ってるからミーティングしてたし


イトゥク:
ミーティングを夜10時にするの?ww


ウニョク:
どこの監督が夜10時にミーティングするんだよwww


ドンヘ:
夜10時から12時が多いんだよ


イトゥク:
ドンヘはたくさんシュキラに参加してくれたね


ドンヘ:
いつも言うことだけど、家みたいなものだと思っていますよ


ウニョク:
そんなに長いのに、今でもリーディングがうまくならないねww


ドンヘ:
台本のリーディング以外はしません


ウニョク:
はははwww


イトゥク:
どう思う?僕たちがもう終わりなんだけど


ドンヘ:
5年半ほど一緒にしましたが、あと10年一緒にすればいいなと思っていたのに、こうやって早く降板することになって、残念で…でも、ソンミン&リョウクもやるから終わりじゃないし…僕から見ると少し遅いのではないかと思いますね~もっと早くに降板するべきだったのに~


ウニョク:
ぷっwwww


イトゥク:
なんで?なんで?ww


ドンヘ:
5年半なんて飽きるでしょ!?


ウニョク:
飽きるってなんだよww


イトゥク:
いつ降板してればよかった?w


ドンヘ:
ソリソリが終わってすぐに
かっこよくやめればよかったのに~


ウニョク:
2年前!?


ドンヘ:
ちょっと遅れた感がありますね~w


ウニョク:
それはおいといて…ドンヘがすごいシュキラヘビーリスナーでしょ?一番多く参加して、シュキラについて誰よりも知っているのに、なんでリョウク&ソンミンが後任DJになったの?ドンヘじゃなくて


イトゥク:
ドンヘが最有力候補じゃないの!?w


ウニョク:
ドンヘがするべきなんじゃないの!?w


ドンヘ:
キャスティングミスですね


イトゥク&ウニョク:
はははwwww


ドンヘ:
誰がすべきかっていうと…


イトゥク:
誰がよかったの?


ドンヘ:
まずは、シンドン・ドンヘ…
あっ!"シンドン"はなかったw


イトゥク:
シンドンは他の曲でやってるでしょww


ドンヘ:
僕じゃなくて~その~


イトゥク:
じゃあ、リョウク&ソンミンがちょうどいいんじゃ?w


ドンヘ:
まあそういうことで…


ウニョク:
はははwww


イトゥク:
ドンヘ!ここである情報が入ったよ!ドンヘは候補にもあがってなかったってwwwうっかり忘れてたらしいよwww


ドンヘ:
正直、頼まれてもやらないよ


ウニョク:
ははは!それちょっとかっこいいかもwwその図をつくれなくてごめんねwww


イトゥク:
最後にシュキラリスナーの皆さんへ一言お願いします


ドンヘ:
僕に義理があるんでしょ?


ウニョク:
義理もあるけど、時間もたくさんあるしw


ドンヘ:
とにかく…たくさん愛してくださってありがとうございます。メンバー間でバトンを渡すことになりますが、その時もたくさん参加したいと思います。たくさん愛してください!シュキラを!愛しています~


イトゥク:
ありがとうございます


ウニョク:
えww何してるの?
いきなり最後の挨拶みたいなのしないでよw


ドンヘ:
チュッ♥


ウニョク:
もう行ってよ

僕らがもしまた呼んだらその時にまた来て


イトゥク:
ドンヘありがとう~



(ドンヘがスタジオから出て、また思い出話)


イトゥク:
僕が放送しながら何度か泣いた思い出がありますね~何年か前に、ウニョクが仕事中にとても疲れた様子だったんです。昨日もよく寝たはずで、スケジュールもちゃんとする奴なのに


ウニョク:
プロだから疲れをみせないですね


イトゥク:
こんな様子は今までなかったのに、ずっとウトウトしてるんです。ウニョクに「昨日何してたんだよ?ちゃんとしろ!こんな風に仕事しちゃダメだろ!」って言いました。すると「眠れなくて…」と言うので、なんで眠れなかったんだろう?と…女に会ってるのか?と思いましたよww


ウニョク:
何言ってるんですか!!


イトゥク:
その次の日、シュキラ生放送があって、僕の誕生日で…ウニョクが徹夜して僕の為にプロデューサーと歌を作ってくれていたんですね!


ウニョク:
そうなんですよ!徹夜して頑張って努力して作ったのに、イトゥクさんは未だに入金してくれないですね~


イトゥク:
はははww



(シュキラ 2008/07/01)


ウニョク:
「ところでイトゥクオッパは、ウニョクオッパに何をしてあげたんですか?」とメッセージがwwそこ重要ですよね~


イトゥク:
僕?愛をあげたでしょ


ウニョク:
ぷっ…この後、イトゥクさんが僕にくれたのはモクチギ!!!


イトゥク:
あははwww



(最後だと実感がわかない二人)


イトゥク:
放送前に二人ともトイレに行ったんですけど、実感がわかなくて…トイレに行って放送へ入るので「あぁ、今日が本当に最後なんだな」と思っていると、突然ウニョクが「ヒョン、放送に入るの嫌だよ…入ったら終わっちゃうでしょ」と言うんです。僕はなんだか今日も放送して、明日も僕とウニョクで一緒に月曜日のコーナー「二人なら十分」を進行していそうな感じがして、今でもあまり実感がわかないんです


ウニョク:
今日ここへ来る時に思ったんですけど、5年以上もいつも同じ道を通ってきたでしょう?毎日来ていた道、この時間…これからは違う場所で違うことをしているんだなって思って変な感じがしました。この道、今日はなぜかよそよそしく感じられて…


イトゥク:
僕たちが5年3か月、アイドルとしては最長寿DJをしたとよく言ってくださいますが、"アイドルDJ"が重要なのではなく、ただ、"どれほど愛情を持ってDJをしたのか"が重要なのではないかと僕は思います。アイドルだから、ではなく、5年3か月という長い時間を一緒にしてくれた多くの方々がいたから…


(この後、歴代プロデューサーに丁寧に思い出とお礼を言っていました。プロデューサーへのお礼を言っている時は二人とも笑っているのに、一通り言い終わって、最後の曲が流れ終わった時には、もうウニョクは涙声でした。最後の挨拶の時間が来たのです…)


Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回



イトゥク:
曲を最後まで聞くべきなんですが、もう最後の時間なので…皆さんと話がしたくて、1フレーズだけにしました。ウニョク、もう本当に何分も残ってないけど、今の気持ちは?


ウニョク:
あぁ…本当に変な気分です…実は僕はラジオを…最初に始める時も言ったんですけど…ラジオと近かったほうではありませんでした。でも、シュキラをやることになって、ラジオを知り、たくさん学び…今では本当にたくさん情がわいています。
ある意味では、僕が10代を学校に通って、友達と会い、勉強もして、たくさん学んだとしたら、20代はシュキラで、また違う学校のように…ここに通って、友達と会い、たくさん学んで…とても大切な時間でした…………はい…変な感じですね…ふぅ………


イトゥク:
僕も個人的に僕たちと一緒にしてくれたシュキラ家族の皆さんと思い出を共有することができてとても幸せでした。幼いころから「星夜」や「ボリューム」(人気ラジオ長寿番組)を聞きながら、それぞれのDJが去った時、僕も泣いた記憶があります。今、シュキラを愛してくださる皆さんに、そのような痛みを僕が与えてしまうように思えてとても残念で…。
毎晩10時から12時まで、5年3か月もの間、いつもここへ来て皆さんと話をしていたことが…もう僕にはないんだなと感じて、悲しいというより震えるという言葉があっていると思います。
僕にとってとても慣れた場所だったのに、もうその慣れた感じを味わうことがないんだということ自体が僕もそうだし、特にこの番組を愛してくれたシュキラ家族の皆さんに申し訳ないのではないかと思っています。いつも僕たちは最後の挨拶でキスをしますが、今日が最後のキスになるのですね


ウニョク:
あぁ……つらい時でも……ストレスを発散させてくれたんですよ…この二時間が放送の中で一番正直な二時間だったのに…この時間を失くしてしまったら…僕にとって正直な話をすることができる場所がなくなってしまう気がして…とても寂しいです


イトゥク:
リスナーから「シュキラは人間パク・ジョンス&イ・ヒョクジェを感じさせてくれる最高のラジオ」と送ってくれていますね。僕たちが多くの番組やバラエティをする中で、もちろんその姿も僕たちの姿ではあるんですけど、ラジオをしているこの時間だけは、本当に僕たちの姿をお見せして、皆さんと共有できたのではないかと思っています


ウニョク:
……


Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回



イトゥク:
また戻って来ますので、別れを少し早くしてしまっただけで、また戻って来ると思っています


ウニョク:
本当にいっぱい申し訳なくて…僕たちがシュキラの最後の放送をすることになったという事実が、突然に記事になり皆さんが知ることとなってしまったでしょう?とても申し訳なくて……インターネットで見て……ずっと一緒だったシュキラを、僕たちを、離れてしまうとおっしゃる方もいて、そのコメントを見て……僕たちも皆さんと同じぐらい悲しく思ったんです……本当に申し訳なくて……でも、ありがとうございます……


イトゥク:
未熟な僕たちをしっかり導いてくださった数多くのスタッフの皆さん、そしてシュキラ家族の皆さんへ…心から感謝を申し上げて、もう本当にお別れをしなければいけませんね。いつも言ってることがありますよね?endじゃなくてandだと…皆さんとは、終わりじゃなく始まりにしましょう。本当に最後のキスですね…でしょ?


ウニョク:
はぁ…


Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回



イトゥク:
挨拶しなきゃ、ウニョク。ずっとそうやって泣いていると、チェ・ガンヒさんに席を変わらないといけないから…
 (←チェ・ガンヒ=後の時間帯の番組のDJを務める人気個性派女優)


ウニョク:
………


イトゥク:
僕たちは去りますが、シュキラはずっと続きます。だから、これから一緒にするソンミン&リョウクをたくさん愛してくださいね。シュキラはDJが守るんじゃありません。シュキラ家族、まさに、皆さんが守るんですからね。これからもたくさんの愛をお願いします


ウニョク:
………


イトゥク:
さあ!最後の挨拶ですね


ウニョク:
あぁ…最後の挨拶はなんて言うんだっけ?…ふぅ…なんて挨拶したら…はは…はぁ…


イトゥク:
僕がやろうか?


ウニョク:
はい…


イトゥク:
キス家族の皆さん、今まで本当に有難く感謝しています。最後のキスをして終わりにしましょう。ありがとう、愛しています。チュッ♥


ウニョク:
チュッ♥



Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回

Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回

@Super Junior Kiss The Radio 2011/12/4




生放送中は泣かなかったイトゥクが顔を隠しながら泣いています





顔をあげられないほど泣いているウニョクの髪をワシャワシャするドンヘ
Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回




最後までリスナーからのメッセージをチェックするイトゥク
Super Junior イトゥク ウニョク シュキラ ウントゥクDJ 最終回








タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る