BEAST ジュニョン 奴隷契約から逃げる @常勝疾走 120221

BEAST ジュニョン 常勝疾走



キム・スンウ:
じゃあ、ジュニョンは?
変な会社だって言ってたけど…


ジュニョン:
オーディションを受けに行くと、すぐに「俺は今までお前ほどダンスがうまいヤツは見たことない!歌手にしてやるから、やろうぜ!」って言われて…


BEAST ジュニョン 常勝疾走



ジュニョン:
僕は幼く高校生だったので「はい!お願いします!」と答えて、契約書を受け取ったんですが、"奴隷契約"ってあるでしょう?10年もの契約を結ぶというものでした。でも、約束してくれていたことも守られずに、テレビにも出れなかったんです


BEAST ジュニョン 常勝疾走



ジュニョン:
それで、これではだめだと思って「僕はやめたいです」というニュアンスを臭わせてみました。そうしたら、飲み屋に呼ばれたので行くと(社長は)とても酔っていて、割った瓶を持って「お前は俺と続けるのか?やめるのか?」と聞かれました


BEAST ジュニョン 常勝疾走



ジュニョン:
僕は幼心にも「僕はここで死ぬかもしれない」と思って、そこでは「ずっと続けます」と言いました。そして、すぐに宿舎へ戻って、荷物をつめて携帯を捨てて、家へ逃げ帰りました


BEAST ジュニョン 常勝疾走

@常勝疾走(スンスンジャング)2012/2/21







HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る