INFINITE ソンヨル & ソンジョン "PARADISE" 歌詞の解釈 @ビートルズコード 130408

INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
ドンウはエロい歌詞を書くのが上手なの?



ドンウ:
あははww



ユ・サンム:
どのくらいのレベル?



ドンウ:
僕はパラダイスという曲でラップ詞を書いたんですが、当時ちょっとセンチメンタルな感情があって…



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
その部分の歌詞を聞かせてよ



ドンウ:
毎晩 君で満たした僕
そう 慣れた体を 今は 涙で満たす time
巻きついた腕 息が荒くなる夜
最高の paradise
君なしでは hopeless world



シンドン:
では見ていきましょう~
「毎晩 君で満たした僕」



ドンウ:
あは




タク・ジェフン:
どうやって満たしたの?



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ドンウ:
……




シンドン:
何を満たしたっていうこと?



ドンウ:
感情に対する欲望を…ぷっw



<隣のチャン・ドンミンがソンヨルに説明してもらっている>
INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
その次の歌詞が?



ドンウ:
「巻きついた腕 息が荒くなる夜」



タク・ジェフン:
おお!ここが絶頂だねw



ドンウ:
……




INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ホヤ:
あははw



<まだ説明しているソンヨル>
INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
なんで息が荒くなっちゃったのかな!?w



タク・ジェフン:
もっと細かく説明してくれないと!



シンドン:
どこらへんがエロいのかな~



ドンミン:
あ~これね~



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンヨル:
ちょっと待って待って!!!



ユ・サンム:
なになに?



ソンヨル:
よくわからないっておっしゃるから、説明しただけなのにそれをバラそうとするから




INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



チャン・ドンミン:
たいしたもんですよ



ユ・サンム:
どういうこと?



チャン・ドンミン:
どこがエロいのかを聞いたら
「理解すればわかる」とw



シンドン:
ちゃんと教えてよ



ソンヨル:
「毎晩 君で満たした僕」



シンドン:
それが?w



ソンヨル:
わからないんですか?
これが!?




INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



全員:
あははww



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンジョン:
???



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンヨル:
あるじゃないですか!
「体の対話」とかそういうの!



タク・ジェフン:
「夢の対話(対談)」なら聞いたことあるのに~その次は?w



ソンヨル:
「そう 慣れた体を」



タク・ジェフン:
それは何?



ソンヨル:
飽きたってことでしょ?
慣れきったから



ドンウ:
何が飽きるんだよ!?w



全員:
あははw



シンドン:
飽きたってことだったの?
知らなかったな~w



ソンヨル:
人によって感じ方が違うんですよ!
「巻きついた腕 息が荒くなる夜」



タク・ジェフン:
それはなんのことなの?



ソンヨル:
その時のことを想像してるんです



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
その時のことを想像て?



ソンヨル:
「毎晩 君で満たした」のを想像するんですよ



ドンミン:
あははw



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンヨル:
そして「最高の paradise」
僕はその時、本当に最高だった!



全員:
あははw



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
やっとわかったよ~



ソンヨル:
僕はその時、本当に最高だったのに
「君なしでは hopeless world」



ドンウ:
(頷く)



ソンヨル:
で、どういう意味なの?
hopeless worldって




ドンウ:
絶望的な…



タク・ジェフン:
地獄のような絶望的な世界だよ



ソンヨル:
君がいないと地獄みたいだ。あの時、僕は最高のパラダイスだったのに



タク・ジェフン:
僕はこっちの解釈のほうがいいと思うな~



ドンウ:
あははw



タク・ジェフン:
おもしろいよ!



ユ・サンム:
ソンジョンも違った解釈をしてくれそう~



ソンジョン:
……




INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
「毎晩 君で満たした僕」は?



ソンジョン:
君のおかげでお腹がいっぱいだってことです



全員:
あははw



ソンジョン:
君のおかげで食事ができた!彼女がしてくれたんです!料理上手で



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



タク・ジェフン:
全く違う解釈だね~



シンドン:
19禁から7歳向けになったみたいw



ソンジョン:
「慣れた体を」
彼女の味に慣れてしまったんですよ



シンドン:
味の好みが変わったんだね~w



ソンジョン:
体質が彼女に合わせて変わったんです



シンドン:
「今は 涙で満たす time」は?



ソンジョン:
彼女がいないと涙がでるんです
手料理が食べられないから



シンドン:
あ~!



ユ・サンム:
つじつま合ってるw



ソンジョン:
「巻きついた腕」
とても苦しくてこうしてるんです!



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
苦しいからねw



全員:
あははw



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンジョン:
苦しい~



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ユ・サンム:
一人はつらいもんね~w



ソンジョン:
「息が荒くなる夜」
息も荒くなるはずでしょ?
手をこうしているんだから!



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



シンドン:
そうだよ!つらいよ
それで「最高の paradise」は?



ソンジョン:
彼女が戻って来たんです!
また食事を作ってあげようと!
だから、ここがパラダイスだ!!



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ユ・サンム:
その次の「君なしでは hopeless world」は?



ソンジョン:
地獄だってことですよね?



シンドン:
なんで急に地獄になっちゃうの?



チャン・ドンミン:
食事もきたのに!



シンドン:
食事がまずかったの?



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンジョン:
彼女が変わってしまったんです
食事自体が!



全員:
あははw



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



ソンジョン:
どうして前と同じ味じゃないんだ!!



(全員から拍手)



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



タク・ジェフン:
最後にLの解釈を聞いてみましょう~目を見ただけでエロそうだね~



L:
僕の解釈を言えばいいんですね?



タク・ジェフン:
うん、そうだよ



L:
…いいのかな?



タク・ジェフン:
もっとエロいんだね!?w



L:
「毎晩 君で満たした僕」
毎晩、***したんじゃないですか?



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード



全員:
あははww



タク・ジェフン:
今までの解釈の中で
一番どうしようもない…



INFINITE ソンジョン ソンヨル ビートルズコード
@ビートルズコード 2013/4/8





HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る