MBLAQ ジュン & BEAST ドゥジュン 韓国ドラマ「IRISⅡ」がすごくおもしろい!!

ドラマのあらすじをネタバレしてしまう可能性があるので注意してください!前半はジュンの演技に対するニュース記事の紹介(主にジュンの役柄についてのネタバレ)で、後半は登場人物の詳しい説明と印象に残ったセリフ(大々的にネタバレ)となっています。





クチコミを見てからドラマを見る!


 最近は時間がなくて、あまりテレビを見ていないので、当然ドラマも見てはいないんですけど、評判の良いドラマがあると聞いたら、おっかけ再生する気分で後からまとめて見ています^^ その方が時間の節約になるのでw

 少し前の「私の娘ソヨン」(邦題:いとしのソヨン)も国民的視聴率だと言うので、後からおっかけて見たところ、すごいハマって何度も見てました!!クチコミが良くてもピンとこないものはどんなに話題でも見ないんですが、自分の触角が動いたものはやっぱりハマる傾向にあるみたいです。

 アイリス2もジュンの演技の評判が良いようなので見てみたところ…とてもおもしろかったです!!




前作アイリスはキャストが苦手


 実は前作を2~3話目でリタイアしたんですけど、今回のキャストは好きな人が多いので気になってはいました。ジュンも出るし、ドゥジュンも出るし、それに加えて、NSS副局長役のオ・ヨンスさんが、私がとても好きだったドラマ「悪い男」(邦題:赤と黒)に出ていた好きな女優さんだったのです^^

 前作を見続けれなかった理由は、「キャストがどうも苦手」「話が複雑すぎる」という点かな?主役が苦手なんですよね…なんか"元祖・韓流スター"とか…"日本向けに儲けようと制作しました"感がプンプンするところとかw 内容も各自の思惑が交錯しすぎて、全然ついていけなかったっていうのが大きいんですけどね

 前作をちゃんと見ていないので、ペク・サンとかどちら様だっけ?って感じなのですが、前作でもキーパーソンとして出ていたんですね!NSS局長だったはずなのに、どんな裏切りをしてNSSに拘束される立場になったのか…

 そのあたりの細かい設定をイマイチ理解できないまま見始めたんですが、途中でなんとなくわかるようになるので大丈夫です;; 前作を見ずに今作を見たとしても^^




ジュンの演技がとても評判いいらしい!


 アイリス2を見てみようかな~と思ったきっかけが、ジュンの演技が好評だとニュースになっていたからです。でも、見始めたのはいいけれど、ジュンは一向に出てこない…TTTT それもそのはず、ジュンの出演シーンはものすごく少ないんです!

 たしか「大統領のボディーガード役」とウギョルで言っていた気がするんですが、もっと細かく言うと「前大統領の警護に追加で配備されるNSS要員」なわけです。つまり、南北会談の韓国代表を務める前大統領をアイリスが襲撃してきた際に追加配備された応援要員なので、NSSがアイリスと対峙する時にメインで活動するチームには所属していません。

 メインのチームに所属しているドゥジュンの出演分量を100とすると、ジュンは8ぐらいじゃないかと思いますw 言いすぎかな?

 でも、まぁ…始まって数話は一切でてこないし、アイリスが顕著に攻撃を仕掛けてくるようになってからやっと登場し、その後も15話ぐらいで正体が判明するまで、ほとんど出てこないですTT たまにNSS副局長に呼ばれて、単独任務を言われたりするぐらいです。なので、ジュンの出演シーンだけ見ようと思うなら15話からで十分ですよ!w




というわけで、ニュース記事をいくつか紹介しますね^^


[記事] アイリス2 イジュン 演技ドルの狂おしいほどの存在感が好評


 「アイリス2」で少ない出演シーンにも関わらずイ・ジュン(MBLAQ)の演技が視聴者から好評であった。

 4月10日放送されたKBS2TV水木ドラマ「アイリス2」第17回でユン・シヒョク(イ・ジュン)はスパイという正体を現した。この日の放送でのイ・ジュンは短い出演に過ぎなかったが、カリスマ性で重たい存在感を誇った。

 視聴者たちは放送後、関連掲示板を通じて「イ・ジュンは出演シーンは少ないけれど存在感はすごい」「あんなにサイコな演技が上手だとは」「演技をするアイドルは好きではなかったが、イ・ジュンは例外」「うちの親はイ・ジュンは新人俳優だと思っている」等の反応を見せ、好評だった。


newsen ユ・ギョンサン記者 2013/04/11 07:14:56 一部抜粋



[記事] アイリス2 「イ・ジュンの再発見」





 KBS水木ドラマ「アイリス2」の放送で、正体を表したイ・ジュンの回を増すほど爆発する演技力に注目が集まっている。撮影現場でもイ・ジュンはNGが殆どないほどの優れた集中力を見せ、監督の称賛を一身に受けており、眩しい演技の成長を立証しているという。

 ある関係者は「イ・ジュンは普段から台本練習とモニターを几帳面に行うという定評があるだけに、本人が演じるキャラクターに対して愛情が格別である。チャン・ヒョク、オ・ヨンスのような先輩俳優にアドバイスを求めて、多くの作品を参考にするなど、情熱を燃やしているだけに、今後の活躍により一層注目してほしい」と伝えた。

 イ・ジュンの反転演技でより一層緊迫感溢れる展開を続けている「アイリスⅡ」は来たる10日午後10時に第17回が放送される。


デジタルタイムズ キム・ユジョン記者 2013/4/9 19:45 一部抜粋
OBSプラス イ・ジョン記者 2013/4/9 18:30 一部抜粋



 記事にもあるとおりスパイの役なんですが、スパイ特有の冷めた雰囲気がジュンの見た目とすごく合っているようで、目つきや口の開き方・顔の角度から前髪の具合に至るまで、狂気に満ちた感じがよく表現できていて「おぉ!」と思いました^^ もちろんセリフの言いまわしもよく表現できてたと思いますが、私は特に目つきと顔の角度が印象に残っています。

 顔の角度!!!←これは超重要ポイントではないかと思いました~顔の角度=目つきかもしれないですが、たとえセリフがなかったとしても、スパイの不気味さというか、テロリストの狂った雰囲気とかが伝わったと思うぐらいです





 さて、前半はここで終わりです。この先は大いにネタバレしますので、ネタバレは絶対見たくない!という方は注意してください!

 あらすじを詳しく書いたり、ラストがどうなったかは書いていませんが、その人物のバックグラウンドがどうなっているのかとか、話の内容が推測できるセリフ訳が含まれます。基本的に、これを読んだ方が「日本で放送されたら見てみよっかな~」と感じてくれたらいいなと思って書いているので、Mr.ブラックにはモザイクをかけておきましたw

 登場人物の紹介と印象に残ったセリフの和訳を書くだけですが、日本語字幕なしでリアルタイムで見た方のうち、内容がよくわからなかった方には、微力ながら手助けになればいいなと思います~









登場人物


 登場人物の紹介の前に、このドラマのあらすじを簡単にいうと…「核爆弾を隠している男(ペク・サン)から核爆弾を手に入れて、ソウルを火の海にしようとする北朝鮮・アイリスと、それを阻止しようと奮闘するNSS(韓国国家安全局)を描いた物語」です。

 簡単そうでしょう?でも、これが裏切りとスパイと権力と策略にまみれると複雑になるんですよね。しかも、結構矛盾しているというか有り得ないだろ!という設定が随所にあったりしますが、そこは韓国クオリティーということで…


チャン・ヒョク iris2 画像


チョン・ユゴン

(NSS要員 TF-Aチーム長)

 アイリスとの銃撃戦で頭部に重傷を負い、そのままアイリスに拉致され、記憶を失い、洗脳されてしまう。アイリスで1年もの間、暗殺者としてMr.ブラックの指示を遂行するが、恋人スヨンを撃った後、記憶を取り戻す。アイリスにいたことでNSSを解雇されるが、解雇後もNSS副局長の助けを受けつつ、アイリスやユ・ジュンウォンの後を追う。その過程で、ユ・ジュンウォンに母親を殺されてしまう。




iris2 画像


ユ・ジュンウォン

(北朝鮮 極秘要員)

 脱北して失踪したように見せかけていたが、その正体は北朝鮮の極秘要員である。弟をヨンピョン交戦で失い、韓国に強い恨みを持つ。

 平和統一を目指す北朝鮮穏健派を暗殺し、次第に北朝鮮強硬派の中心人物となっていく。ペク・サンが隠した最後の核爆弾を手に入れることで、全面戦争に突入させようと目論む。

 しかし、安全を確保されているはずの母親が北朝鮮保安部に連行され射殺されたことを知ってしまう。ヨンファを大切に思っている。




iris2 画像


キム・ヨンファ

(IRISの殺し屋 脱北者)

 強制収容所で母を失い、祖国に復讐を誓って脱北する。その後、朝鮮半島にテロを企てるIRISの一員となるが、のちにIRISが北朝鮮と手を組むと脱走する。ユ・ジュンウォンとは旧知の仲だが、ジュンウォンが強硬路線に傾いていくとともに距離を置く。

 自分と同じように母を殺されたユゴンに心を開き行動を共にするが、ユゴンが母を殺した犯人(ユ・ジュンウォン)に復讐しようとしていると知り、ジュンウォンの計画をどうにか止めようとする。それと同時に自分がしようとしていた復讐についても思い悩む。




iris2 画像


チェ・ミン

(NSS副局長)

 アメリカ在住時に、恋人からプロポーズされることになったが、指輪を職場に忘れて来たと言うので、駄々をこねて取りに行かせた。恋人の職場はペンタゴン、その日は2001年9月11日だった。テロや戦争を阻止することに手段は選ばない敏腕幹部。

 ペク・サンから4つの核爆弾を受け取った後、平和のために非核化すべきだと主張しアメリカへ渡そうと試みるが
核保有を望む大統領やNSS局長によって阻まれてしまう。




イ・ダヘ iris2 画像


ジ・スヨン

(NSS要員)

 チョン・ユゴンの部下であり恋人。ユゴンが失踪した後は、TF-Aチーム長を任される。記憶を失いアイリスの一員となったユゴンに撃たれてしまう。




beast ユン・ドゥジュン iris2 画像


ソ・ヒョヌ

(NSS要員)

 密かにスヨンに思いを寄せる有能な若手要員。ユゴンとスヨンの関係を陰ながら見守っている。NSS副局長からソ・ヒョヌとユン・シヒョク(MBLAQイ・ジュン)にだけ極秘任務が言い渡された際、その内容がリークされてしまったため、スパイ容疑をかけられてしまう。そして、その取り調べにあたったのがスヨンだった。




iris2 画像


ペク・サン

(前NSS局長)

 30年前に韓国が極秘裏に完成させていた核爆弾5つの在処を知る唯一の人物。核爆弾を手に入れようとする北朝鮮やアイリスにその身を狙われている。







印象に残ったセリフたち


 このドラマは内容がとてもタイムリーなだけに色々と考えさせられる点が多いです。北朝鮮が自作自演でテロにあったように見せかけることで、韓国の責任を問いただし、ミサイル発射をちらつかせながら脅すとか…休戦状態を打破し、開戦しようとするとかね…。



<非核化と核抑止>


 やはり核兵器に関するセリフにはリアリティを感じます。

 例えば、NSS副局長(チェ・ミン)は「韓国が核を持ったなら、米韓同盟の破棄や周辺国との関係悪化は必然であり、各国で核開発競争が行われて戦争を誘発する」と考えているのに対して、韓国大統領やNSS局長は「平和を維持し対等な関係を築くためには、核抑止力を手に入れるべき」という考えです。

 どちらも一理あるし、現実の世界でもよく議論されていることですが、ドラマの中で大統領が主張するような核抑止的な考え方「攻撃したら報復に核を投下されるのが怖いから攻撃しない」というのは、狙われて困るような国土を持たないテロリストには威力がないんですよね。それで、テロを心底嫌う副局長は核保有が無意味だと思って反対しているのかもしれないですね。

 難しい問題は私にはお手上げです…(>_<)



<好きなキャラ=ヨンファ>


 私が一番好きなキャラはキム・ヨンファなんですが、この人が一番自分に素直に行動したような気がします。どこにも属さないで自由に行動できる立場なので、誰の指図を受けることなく、自分の意思に従って思いどおりに行動できるはずなのに、それゆえに自分が何をしたかったのかがわからなくなると、途端に道に迷って悩んだりする女性です。

 特にヨンファのセリフで印象に残っているのは、ユ・ジュンウォンとの会話です。ソウルで核爆弾を爆破して戦争を始めようとするジュンウォンを必死に説得するんですが、ジュンウォンを止めることができたら、ユゴンを説得できると思ってるんですね。

 ユゴンがジュンウォンを殺さないように説得するためには、ジュンウォンを止めるしかないと思っているんです。どうにか食い止めようとする言葉が、まるでヨンファが自分自身に語りかけているようで印象的です。かつて自分も母の復讐だけを糧に生きてきたけれど、それが無意味だと気付いたから…

 そういうヨンファの心の動きが一番印象に残りました。そこを注目して見てみるのもおもしろいんじゃないかなと思います!あと、ペク・サンもね…今作でもぶっちぎりのキーパーソンですので…







 下記に印象に残ったセリフの日本語訳を書いておきますね。もうすでに見た方は「お~あのシーンの!」と思って頂ければ^^ 主に後半の放送回からです(ヨンファおおめ)


アイリス2 iris2 irisⅡ


キム・ヨンファ
お母さんを守ってくれなかったあいつらに、どうして従うのよ!




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユ・ジュンウォン
統一戦争を始める信号弾として、韓国の首都ソウルを火の海にしてみせましょう!






キム・ヨンファ
復讐のためだけに今まで耐えてきたのに、もう何のために私がこうしているのか…こうしたからって、死んだ母さんが生き返るわけじゃないのに…終わりがどこなのか、私にもわからない…




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユン・シヒョク
俺たち二人にスパイ容疑がかけられてるみたいだけど、俺じゃないんだから…お前だろ?




アイリス2 iris2 irisⅡ


ソ・ヒョヌ
スパイ容疑をかけるなら、アイリスになって北の代表を暗殺しお前に銃を向けた人間をまず疑うべきじゃないのか?チョンチーム長のことは最後まで信じるくせに、俺を疑うのか?お前にとって俺が取るに足らない存在だとしても、少なくとも同僚としての信頼はあると思ってた。




アイリス2 iris2 irisⅡ


韓国大統領
平和とはただ眺めているだけではだめなのです。この国の平和のために、核保有も有り得るということです。




アイリス2 iris2 irisⅡ


韓国大統領
北朝鮮が核開発を発表して以来、彼らの目的は金と経済支援でした。これからは同盟国の安全保障に頼るよりも、自らの国防力を高め、正常な南北外交を行いたいのです。




アイリス2 iris2 irisⅡ


キム・ヨンファ
ジュンウォンさんを殺せば、お母さんの復讐をしたことになるの?じゃあ、私やジュンウォンさんは誰を殺せばいいっていうの?




アイリス2 iris2 irisⅡ


NSS副局長
同盟国の承認なしに核兵器を所有することは、韓米同盟を撤回したも同然です。私は韓国人でもアメリカ人でもありません。私はただ未来に起こるかもしれない大災を止めたいだけです。




アイリス2 iris2 irisⅡ


NSS局長
この国も核を持ちさえすれば、北朝鮮の馬鹿げたお遊びをやめさせることができるのだぞ!




アイリス2 iris2 irisⅡ


NSS副局長
今でも私の判断は正しかったと思っているわ。結局、失敗したけれど…この国が核を持つということは、東アジア全体が核軍備を競い始めるということ。戦争はほんの些細なことから始まるものなのよ。核兵器はたった一度のミスですべてを失うことになりかねないわ。私が二重国籍者だからといって、韓国の核保有を阻止するために、アメリカ側に立ったとは思わないでほしい…あなたにだけは。




アイリス2 iris2 irisⅡ


NSS副局長
言ったでしょう?私が信じる正義は朝鮮半島の非核化よ。あなたは私がアメリカと韓国で出会った中で最高の要員だったわ。すべての人が自分だけの正義を持っているとしたら、あなたのお父さんもきっとその正義を貫くために自分を犠牲にしたはずよ。




アイリス2 iris2 irisⅡ


Mr.ブラック
この国はあまりにも長く休戦しすぎた。戦争の恐怖に免疫ができてしまったのであろう。戦争を終わらせたいのだ。今はただの休戦状態であるだけ。終わりのない戦争をしている状態なのだから。




アイリス2 iris2 irisⅡ


Mr.ブラック
韓国全土が自ら私の手に身を任せたのだ。核を保有しようとする度が過ぎた欲望と、秘密を守ろうとする度が過ぎた注意深さが、自らの手で核兵器を差し出させたのであろう。






キム・ヨンファ
母の復讐をしたかっただけなのに、ついにはあなたにまで銃を向けることになったわ。共和国の強硬派は私にとって敵だから、あなたまで敵になってしまったのよ!どうして、あなたまで敵にしなければいけないの?




アイリス2 iris2 irisⅡ
キム・ヨンファ
前に言ってくれたよね「誰も知らない場所へ行って、静かに隠れて暮らさないか?」って…こんな風に誰かを踏み台にしないと生きられない国なんかじゃなくて、欲のない場所を探して、そこで一緒に暮らそう?




アイリス2 iris2 irisⅡ


キム・ヨンファ
殺されたら殺し返すこの戦いに終わりがあるとでも思うの?




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユ・ジュンウォン
俺とお前は互いに進む道が違う。お前が死んだり怪我したりするのを見たくないんだ。二度と俺の前に姿を見せるな。




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユ・ジュンウォン
今こそ行動を起こし、我らの実力を見せる時が来たのです!いつまで脅すだけの心理戦をなさるおつもりですか!私が北南統一の信号弾となりましょう!御決断を!




アイリス2 iris2 irisⅡ


ジ・スヨン
ユ・ジュンウォンは要求事項なんて言わないわ。ただ核爆弾を爆発させて、戦争を始めるつもりなだけ。




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユ・ジュンウォン
人民の名において、北南統一のための統一聖戦を開始する!




アイリス2 iris2 irisⅡ


ユ・ジュンウォン
強大国の制裁に虐げられている我々人民には、これより他に生きる道はない!今日の私の行動は共和国の人民に対して、名誉回復と希望を与えるものである!




アイリス2 iris2 irisⅡ


キム・ヨンファ
罪のない母親や父親たちを殺そうとしているのよ!誰よりも親孝行だったじゃない…天国のお母さんはこんなことは望んでいないはず







 このくらいかな^^ラストは書いてないけど。なんのことだかサッパリだよ!という方は日本放送をお待ちください~私はとてもオススメです!前作をリタイアしたくせにオススメします!w

 あと、ドゥジュンのことにほとんど触れていないですが、上司の信頼厚い有能要員の役で、ほぼずっと出てますので、ドゥジュン目当てで見る方はとても楽しめると思いますよ~本人そのままのキャラで、熱く正義感に溢れて、周りを和ませてくれるユーモアもあり、それでいて、好きな女性に対してはいつもそばで見守る…そういうヤツです^^


 スヨンとのシーンで好きなのが2つあります~何気ないシーンなんですが、セリフの言い方がとても優しくて温かいです^^

 ①スヨンが初めて敵を撃ち殺した時、その最後の顔がトラウマになって、銃が撃てなくなっているのを一番に気付いて、射撃場でスヨンを励ましてあげるシーン

 ②局長のIDを不正使用してNSSのメインサーバーにアクセスした女スパイがユゴンは死んだと言った時、取りみだすスヨンをなだめるシーン





HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る