カイによるテミンとナウンの結婚式での祝辞

私たち結婚しました (ウギョル) 131130

衣装を着替えるテミンナウン


私たち結婚しました (ウギョル) 131130

テミンの友達 カイグォノスホ


私たち結婚しました (ウギョル) 131130

新郎新婦の入場から祝辞


私たち結婚しました (ウギョル) 131130

EXO カイの祝辞


カイ

こんにちは。
テミンの古くからの親友、EXOカイです。

カイ

僕から見たテミンは、まず…よくすねます。

カイ

勝負欲の強いテミンに対して、ゲームとかはバレないように負けてくれれば…。

テミン

何言ってるんだよ!

カイ

すぐに機嫌が直ります。

カイ

それに、マジックハンドと言われているんですが…。テミンのマジックハンドの話

テミン

良い話をしろ

カイ

はははw
ちょっと待てよ!

カイ

すごくよく物をなくすので、電話をかけた時に、もしも見知らぬ女性が出たら…。

カイ

焦らずに「また電話をなくしたんだな」と思って、隣でいつも、物をきちんと面倒みてあげてください。

カイ

それに、少し誉めてあげるならば、僕が隣で見てきたテミンは、一途で義理堅く、馬鹿正直な男です。

カイ

幼くしてデビューし、今も満足することなく、夢に向かって走っている、かっこいいやつです。

カイ

僕が隣で見てきたテミンは、本当にかっこいい男なので、ひまわりのように、ナウンさんだけを見て、幸せに暮らすと思うので心配しないでください。

カイ

僕、カイが断言します。

カイ

これからも黒髪が白髪になるまで、幸せに暮らしてください。

カイ

結婚を心から祝福します。


テミン
(回想)

むしろ友達同士だと、面と向かって誉めたりはしないでしょう?

テミン
(回想)

でも、ああして、ナウンの前で誉めてくれたのは、本当にありがたかったです。



タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る