テミンからナウンへの耳打ちの言葉

私たち結婚しました (ウギョル) 140104

テミンの耳打ちの言葉


映画「初恋」は、テミンナウンの二人の回想録だった

耳打ちして何かを言ったテミン


ナウン

今、あの言葉をもう一度言える?

テミン

また言ってあげようか?


テミン
(回想)

ただ…「愛してる」と…言ったんですよ。
これからも愛してるというのもあって…。

テミン
(回想)

ただ僕の感情のままに言ったんです。
とても有難くて…。
好きだから…。


(字幕)
ますますお互いに
特別な存在になって行っているのに

こうして永遠に
幸せなのだとばかり思っていたのに

女を振り回してみる男

雨が降った後には
地面が固くなるように

二人はさらに強くなり
新しい変化がありました

真心を込めた男のプロポーズ

ときめきと暖かさでいっぱいだった
女の20歳、男の21歳

不器用だった男と女
二人の初恋の話

そして、男と女は新郎と新婦になり
少しずつ大人になりました

もう誰の助けも借りずに
お互いの縁を育んでいけるほど
大人になったのですから

これ以上は
仮想結婚の意味のなくなった男と女
テミンとナウン

テミン&ナウンの仮想結婚は
終了します

これからは二人の縁を
自ら守り作り上げて行ってください


テミン

実感が湧いた気がする…。
終わるってこと…。


ナウン
(回想)

家では実感が湧かなかったんですけど、映画を見てから、少しずつ実感が湧いてきたんです。
「あぁ…あの時はあんなことしたな」って…。

ナウン
(回想)

不思議なことに、あの時の感情ひとつひとつが、思い浮かんでくるんです。


テミン
(回想)

込み上げるものがありました。
ジーンとして…。

テミン
(回想)

実感が湧かなかったのに、フィルムのように流れる思いに実感が湧きました。
「あぁ…最後なんだな」と。


私たち結婚しました (ウギョル) 140104

ナウンからテミンへ涙のありがとう

テミン

映像を見て思ったんだけど…。

テミン

周りの人が、どうして「初恋を見てるみたいだ」って言うのか、わかった気がする…。

テミン

本当にそういう気分になるよ。

テミン

夢に描いていた初恋の姿…だと思う。

ナウン

最初は、ドキドキしたり、照れくさかったりしたんだよ。

ナウン

私たちがこれ(ワイン)を作りに行った時、本当に幸せだった。

ナウン

(石膏を壊した)ヘイリの時は…。

テミン

不幸だった?

ナウン

不幸じゃなかったよ。

ナウン

むしろ、私にとって助けになったんだと思う。
表現できるようになったから。


テミン

なんだよ…。
2時間は一緒にいられると思ったのに。

ナウン

ふふふ…。

テミン

ここで立ちあがったら終わりなんだよね?

ナウン

うん…。

テミン

だよね…。
でも、どうせ「もう会わない」ってわけじゃないんだから…。

テミン

永遠に会わずに、「もう二度と会わないでおこう」っていうんじゃないから…。

テミン

悲しまずに…。
残念なのはもちろんあるけど…。

ナウン

ふふふ…。

テミン

どうした?

ナウン

ただ…残念だなって…。

テミン

…。

ナウン

ありがとう。

テミン

何が?

ナウン

ありがとう。

テミン

何が?
何がありがとうなの?

ナウン

…。


ナウン
(回想)

ただオッパに対しては、全部ありがとうって気持ちだけなんです。

ナウン
(回想)

オッパから受け取るばかりで…。
初めてだけど……。

ナウン
(回想)

愛する気持ちを教えてくれた…。
オッパだから、ありがたくて…。


テミン

もっと大事にしてあげられたのに、思うようにはいかなくて…。

テミン

今日はもっとよくしてやろうって思うのに…。
してやりたかったのに…。

テミン

言っただろう?
「会いたかった」とかうまく言えないって…。
そう言ってやろうと思うのに、言えなかった。

テミン

それがちょっと心残りだよ…。
不器用だったこと…。

顔をそむけるナウン

テミン

なんで泣くんだよ~!

ナウン

泣いてないよ…。
嬉しくて泣いてるんだよ…。

手を握って慰めるテミン

テミン

嬉しいの?w
ほら~笑ってって言ったのに~!

ナウン

ごめん…。
本当に泣かないでおこうと思ったのに…。

テミン

情が深い子だな…。
お前は…。


テミン
(回想)

とても悲しかったです。
何もしてあげられなかったのに、ありがとうと言ってくれたので…。
むしろ僕のほうが感謝しています。

テミン
(回想)

本当のように感じて、近づいてくれたので…。
それで…悲しかったです。






タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る