韓国ドラマ「カプトンイ」Ep.09 (2/2)
ウソ発見器にかけられるテオ


韓国ドラマ「カプトンイ」
第9話 あらすじ


ウソ発見器

tvN カプトンイ EP.09 140516


ムヨムそうだろ?

テオ違います。

ムヨム「違います、違います」って、すらすらと…。

テオ……。
ところで、ひとつ質問してもいいですか?

ムヨム何だ?
俺にサイコパステストでもするつもりか?

テオ僕が不本意なことは我慢できても、気になることは我慢できないもので。

ムヨムなんだと!

テオこんなものをどうしてするんですか?
嘘だと出ても、証拠にもならないのに。

ムヨム証拠にもならないから、おもしろい質問に変えてみるか?

テオいいですね。

ムヨムもしかして、飽きたんじゃないか?

テオ……。

ムヨム人の命を弄ぶ遊びは、もうやめたいんじゃないか?

テオ……。

ムヨムお前もやめたいんだろう?

テオ……。

ムヨムそうなんだろう?

テオさあ…。
それは思い通りにはいかないんですよ。
だから、やめる考えはないと答えるのが正しいでしょう?

ムヨム回りくどい言い方はするな!
やめたいのかやめたくないのか!
二つに一つだけ選べ!

テオやめたい……わけがないだろう!(ウソ発見機が反応する)

ムヨム今日は大事なことをひとつ、知ることができたな。

日本語訳・編集 : OMNIVORE-CAFE



テオの母親

テオの母親が弁護士を通じて会いにやって来た。テオを避けて離れて暮らす資産家の母親は神経質そうに「もう疲れた」と言い、テオにカプセルを2錠渡した。テオが母親に尋ねる。
「死ねと言うこと?」



選択

テオはマリアに電話をし「先生の勝ちです。僕の選択を直接お見せしましょう」と呼び出した。マリアに母親から渡されたカプセルを見せるテオ。「それがあなたの選択なの?」と問いかけるマリアに、テオは「はい。次は先生が選択する番です。僕を生かすのか殺すのか…」と言って、そのカプセルを飲み込んだ。そして、最後に告げる。「10分ぐらいはあるでしょう。悩む時間が」

倒れるテオを見て立ち尽くすマリアは、携帯を手に119を押そうとする。それを見たテオが笑みを浮かべると、マリアが手を止めて言った。「計算を間違えたわね、テオ。死ね。死んでしまえ。これが私の選択よ」そう言い残してマリアは立ち去り、残されたテオの目には涙が溢れた。



HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る