韓国ドラマ「九厄少年」Ep.04 横断歩道でスアの手首をつかむミング


BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

BTOB ソンジェ Apink チョロン 九厄少年

@韓国ドラマ「아홉수 소년 (九厄少年)」 Ep.04 2014/9/6





韓国ドラマ「九厄少年」第4話 あらすじ


良縁は過去に

三兄弟の叔父にあたるク・グァンス(39歳)は、人気音楽番組のプロデューサーをしていたが、出演者の不祥事により、視聴率の悪いバラエティ番組に担当替えされてしまう。

意気消沈のグァンスを心配した友人から、占い師に運勢を占ってもらったらどうかと薦められる。未だ独身のグァンスに対して友人は、「占い師に電話をしたら、良縁があるかどうかも必ず聞け」と念を押した。

占い師から「新しい縁はない。過去に出会った女性をもう一度思い返してみるように」との助言を受けて、昔の彼女に一人ずつ会いに行ってみるが、どれも期待外れだった。



苦い思い出の彼女

グァンスは新しく上の階に引っ越してきた住人の騒音に悩まされていた。耐えきれずに文句を言いに行くと、そこには昔付き合っていた彼女チュ・ダインが住んでいた。騒音はダインではなかったが、ダインに娘がいるのを見たグァンスは、幸せに暮らしているのだと感じるが複雑な気分になる。

ダインと付き合っていた頃、グァンスは人前で膝をついて公開プロポーズをしたが、ひどい振られ方をしていたのだ。

そんな弟の気も知らずに、三兄弟の母親である姉はすっかりダインと親しくしていた。独身の弟を心配して、"誰か良い人を紹介してもらえないか"とまでダインに頼みだして、グァンスは居心地が悪い。しかし、姉の話によると、ダインは離婚して一人で娘を育てているシングルマザーだという。グァンスはダインが結婚して幸せに暮らしていると思っていたので戸惑う。

挨拶もしてくれず、まるで他人のように振る舞うダイン。グァンスは過去にダインがプロポーズを断った理由を知らずにいた。



テレパシーが通じたなら

長男カン・ジング(29歳)は、ロマンティックツアーと題した新しいツアーの企画を立案するために、同僚たちと観光地を訪れていた。ペアになって疑似デートをしながら調査をすることになる。テレビ番組でやっているような"テレパシーデート"をしようと提案するジング。男女それぞれが内緒で好きな場所を選んで、目的地でペアが誰かわかるという。

ジングの親友パク・ジェボムは、思いを寄せるマ・セヨンとペアになろうと、彼女が選びそうな場所を考えていた。同じようにセヨンとペアになりたいジングだったが、ジェボムに悟られないようにしている。ジェボムからセヨンはどこに行きそうかと聞かれても答えられなかった。結局ジェボムは「好きならテレパシーが通じるはずだ」と言って自分で考えることにする。

ジェボムは最初"風の丘"を選んでいたが、食べることが好きなセヨンは"市場"を選んだのではないかと考えなおして、"市場"を選んでいたジングに交換してほしいと頼む。代わりに"風の丘"へ行くことになったジング。そこにいたのはセヨンだった。

二人はまた疑似デートを楽しんだ。自分の気持ちを伝えようとするジングだったが、タイミングがあわずになかなか言い出せない。そうするうちに雨が降り出したので、雨宿りする二人。ジングは急にセヨンにキスをするが、頬を叩かれてしまう。



手帳に記された手掛かり

二男カン・ミング(19歳)は、運命の彼女ハン・スアがバスに忘れていった手帳から、彼女の手掛かりがないか丹念に調べていた。なかなか彼女に結びつく情報が見つけられずに、友達に相談するミング。

友達たちは手帳にかかれていた"ブルーパプリカ"という言葉を見つけ、最近女性に人気のあるカフェの名前ではないかと気付いた。ミングと友達はカレンダーに記された日時に彼女がカフェに現れるのに違いないと興奮する。

"ブルーパプリカ"という名前のカフェに、運命の彼女が現れると考えて、カフェの前で待つミングだったが、しばらく待っても彼女は現れなかった。がっかりして家に帰ってテレビを見ていると、仕事から帰った叔父が"ブルーパプリカ"について電話で話しているのに気付く。叔父に聞いてみると"ブルーパプリカ"とはインディーズバンドの名前で今日ライブハウスで公演をしているという。

ミングは急いで弘大のライブハウスに駆けつけるが、そこでも彼女の姿はなかった。諦めて帰ろうとするミングの目の前に、横断歩道を歩いてくる彼女の姿が…。




タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る