GOT7 "ハジハジマ (Stop Stop it)" MV解説 @MVコメンタリー 141126

ゲスト GOT7
GOT7



ジュリアン(代理MC):
学校の屋上から始まるんだね
これはどういう状況なの?



JB:
今この状況はですね…この女性は僕の好きな人なんです。セリフでは「僕を受け入れてくれないなら、ここから飛び降りるぞ!」と言っています



GOT7



ユギョム:
迷惑行為ですよw



ジェクスン:
脅迫!脅迫!



Jr:
情けないヤツです



ジュリアン:
本当に情けないね~



Jr:
あんな行動するだなんて~



GOT7



ジェクスン:
あの動作見て下さいよ!w



ジュリアン:
怖くなかったの?
高い所で撮ったんでしょう?



JB:
実はあればCG処理されているので
僕のまわりで人がたくさん見てましたよ



ジュリアン:
あ~そうなの?
あれ?今入って来たのはJBの双子?



GOT7



JB:
違いますよw
双子ではなくて未来からやって来たんです



ジュリアン:
だいぶ違うね?
カリスマが溢れてるよ



JB:
少し違うイメージを持った未来から来た僕です



ジュリアン:
演技が上手だね!



ジェクスン:
ドリームハイの主人公ですよ~



ジュリアン:
お!待って!待って!
何なの?



GOT7



ジェクスン:
落ちましたね~



ジュリアン:
どうして落ちたの?



JB:
とても驚いたんです。「どうして僕がそこにいるんだろう?」とビックリして、よろめいて落ちてしまうんです



ジュリアン:
どうやって撮影したの?



ベンベン:
この後ろも、すべて緑色ですよ



JB:
CGなんです!編集が巧妙にうまくされているんですが、もともとは後ろにマットがあるんです。そのマットに落ちたところを編集して、次のシーンとくっつけているんですね。僕が本当に未来に落ちていったような感じで…



GOT7



ジュリアン:
あ~!未来に落ちていったの?
どんな場所へ落ちたの?



JB:
未来の学校の教室です



Jr:
すぐに出てきますよ



ジュリアン:
綺麗な女性と撮影するのは
ドキドキしなかった?



JB:
僕にとっては妹みたいなもので…
うちの事務所の練習生なんですよ



GOT7



ジュリアン:
女性だとは考えていない?



JB:
妹ですよ



ジュリアン:
その言葉を受け入れてあげましょう~w
(このシーンと)同じように振られた経験があるメンバーはいるのかな?



ユギョム:
あそこまでは…



ジュリアン:
ちょっとおかしな質問だけど、「振られるよりは、振ったほうが多い」という人は?手をあげてみようか?



GOT7



マーク:
待ってください!
どういう意味ですか?




ジュリアン:
If you have a like dumped
more than you been dumped?



GOT7



ジュリアン:
If I can ask that...
一度、手をあげてみようか?



ベンベン:
僕たちもお互いに知らないですよ
自分しか知らないんですよね



ジュリアン:
じゃあ、ちょっとお遊びでやってみようか?



マーク:
え~!僕はちょっとだめだと思う~




GOT7



ジュリアン:
いち、にの…



Jr:
待って!待って!



GOT7



全員:
あ~~~!!!



Jr:
ストップ!!



GOT7



ジュリアン:
ストップ?ストップするかい?
ファンの皆さんに負担がかかるから、やめておきましょう~



GOT7



ジュリアン:
JBが落ちたのは教室だね?



JB:
はい、未来の教室です



Jr:
車が飛んでいたりするんですよ~



ジュリアン:
メンバーたちは学校の友達なの?



JB:
はい、友達です



ジュリアン:
セットの中では緑色のスクリーンだけだったろうけど、最後に出来上がったMVを見てビックリしなかった?



JB:
CGがとてもうまくいったなと思いましたよ



ベンベン:
そうですね



GOT7



ジュリアン:
このハジハジマのダンスをさっきMPDも踊っていたんだけど、同じダンスなのに違う感じになっちゃうんだよね~どうやればいいの?振り付けを僕に教えてくれないかな?



ベンベン:
じゃあ、ユギョムが!
うちのダンシングマシーン!



ユギョム:
まずですね…腕はヒジが見えてはダメです!こうやって、くっつけてくださいね



GOT7



ユギョム:
「ハジマ ハジハジハジ ハジマ~」と文字に合わせて、ただ手を振ればいいですけど、どうして違う感じになるかと言うと…飛び跳ねてはダメなんですよ。ちょっと押さえつけるような感じで…



GOT7



ジュリアン:
床を押さえつけるように?



ジェクスン:
重たい感じです



JB:
チャラい感じはダメです



ジュリアン:
Aの時はとても軽い感じだったけど
今回は重たくなったんだね!
成熟したね~



GOT7



ユギョム:
あは~♥



GOT7



ジュリアン:
腕を組んだね?



ベンベン:
あの表情を見てくださいww



GOT7



ジュリアン:
どういう表情なの?



ユギョム:
あれを見てトキメキを感じますか?w



ジュリアン:
いや…ただちょっと…
ビックリしたんじゃないの?



JB:
そうなんです!



ベンベン:
情けない…



Jr:
情けないヤツが驚いた表情ですね



ベンベン:
ここでもう一度やってみてください~



ジュリアン:
じゃあ、ユギョムが腕を組んで…



GOT7



ジュリアン:
え~ちょっと違う~ww



ジェクスン:
実はあの時、JBさんは二日間ぐらい寝ていなかったんですよ!だから目が沈んでいるんですね~



GOT7



ヨンジェ:
自然にできているんです



ジュリアン:
そんな演技の秘法がw



Jr:
相手がユギョムだからですよ!
全然違うじゃないですか~



GOT7



ベンベン:
そうだよ~



ジュリアン:
いくらユギョムが可愛くても
女性じゃないからね!w



GOT7



JB:
このシーンでは本当はダンスを激しく踊らなければならなかったのに、MVを見ると床がキラキラしているでしょう?水をまいてあるので、床が滑りやすくて、倒れてしまいそうでしたよ!



GOT7



ベンベン:
スタジオで撮影したんですけど、まるで屋上で撮ったかのように見せるためにこうしたんです



ジェクスン:
そうですね



ジュリアン:
怪我しなかったよね?



ベンベン:
怪我はしていないですよ



JB:
ここのCGをよく見ると、奥のほうの建物に"A"のミュージックビデオが流れているんですよ!



GOT7



ベンベン:
そうなんです!



ジュリアン:
お~



ユギョム:
僕、今知ったよ…




JB:
知らなかった?



ベンベン:
え!知らなかったの~?



GOT7



ヨンジェ:
僕も今になって知りましたよ




JB:
そんなディテールがありますよ~



ジュリアン:
探してみる面白さもあるよね!



GOT7



ベンベン:
怖い話があるんですけど…この最後のシーンの撮影で「ファイティン!」って言ってたら、突然、女性の大きな叫び声がしたんですよ!



GOT7



Jr:
キャアアアアアア!



ジュリアン:
何だって!?



ベンベン:
すごく怖かったんですよ



ジュリアン:
セット場で?



JB:
でも、メンバー数人とスタッフ数人しか聞こえなくて、他の人は聞いていないようなんです



ジュリアン:
でも、数人は聞いているというのが怖いよね



ベンベン:
だから、僕の目線の焦点が合っていないんですよ!怖くて…不安で…



ジュリアン:
何かいるんじゃないかと思ったんだね



Jr:
外に出ると、真っ暗で
田畑しかないんですよ



ベンベン:
地方だったので



マーク:
ヒョンも聞きましたか?



マネージャー:
×



ベンベン:
本当に怖かったです



ジュリアン:
あまりに疲れていたから
頭の中で作りだしたのかと思いたいね



ベンベン:
でも、他の人も聞いているから…



GOT7



ヨンジェ:
僕が思うに、工場の扉がとても大きかったので、開ける時に「ヒュ~」と音がしたのではないかと



ジュリアン:
そうかもしれないね~もしくは、もっと良い意味かもしれないよ?今回のMVは本当に成功するという…



ベンベン:
そうですよね!
僕たちもそう思って頑張りましたよ



GOT7



ジュリアン:
あれ?また戻るの?



JB:
未来の僕が女性の後を追って屋上にやって来たんですけど、女性はいなくて、過去の僕を見つけるんです。驚いた時に、また過去に戻るんですよ



GOT7



ジュリアン:
タイムトラベルしたんだね?
さっきの最初の…!



GOT7



マーク:
また戻りましたよ



JB:
最初のシーンに戻ったんです



ジュリアン:
え?どういう意味?
また告白するの?



GOT7



Jr:
未来では好きな女性と良い関係だったでしょう?だから、今は告白するなと…ということです



ジュリアン:
あ~!もう少し待てと



Jr:
はい!そうすれば、自然にこの女性とうまくいくからと



ジュリアン:
お~



ベンベン:
僕もやっと理解ができました~



ジェクスン:
僕もww



GOT7
@MV COMMENTARY 2014/11/26







タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る