エンのディフューザー&キャンドル収集

VIXX N K-POP 150823

エンの出身地、昌原(チャンウォン)の桜

早起きして、出勤する道を散歩するようにゆっくり歩いて見ると、知らなかった景色が見えたというリスナーの話を聞いて。

エン

いつも通り過ぎる道だと、あまり気付かずにいたりしますよね。

エン

僕が最初の高校に行った時、桜通りだったんですよ。

エン

入学式が春でしょう?

エン

登校する時に、家から高校への通学路がすべて桜通りなんです。
だから、桜祭りをそこでやるんですよ、昌原(チャンウォン)は。

エン

そのことについて、あまり考えたことはなかったんです。

エン

桜が散ると、くすぐったいなと思ったりするくらいで。
制服や髪に付いてしまうので、気にするだけでした。

エン

他の高校に転校した後で、その道がどれほど美しかったのか、気付いたんです。

エン

どうしてあの頃、どうしてあの道を、僕はちゃんと楽しまなかったのだろうかとよく思いました。

エン

今もそうです。

エン

桜祭りにも行きたいし、そういったお祭りに行ってみたいのに、行けないんですよ。

エン

高校生だった頃、あの道を少しでも探ってみたり、少しでも楽しんでいたなら、僕は今、少しだけさらに幸せな人になっていたのではないかと思いますね。

エン

リスナーの皆さんも、今通っている道を一度じっくりと探ってみると、きっと幸せになれるポイントがあるはずですよ。


VIXX N K-POP 150823

初めての飛行機が怖いハギョン少年


エン

僕は中学生の頃、日本へ行く時に、初めて飛行機に乗りました。

エン

飛行機が飛ばなければいいと思ったんですよ。

エン

飛行機が出発する時に怖くて!

エン

飛行機に乗ったのが初めてだったので。

エン

少しずつ上昇していくんですけど…。
今も覚えていますよ。

エン

両手のこぶしを握って胸に当てて、「すごく怖いよ~オンマ~!」と言いながら、飛んだんです。

エン

中学生の時に。
高所恐怖症があるんですよ?w


VIXX N K-POP 150823

エンという芸名の由来


エン

エンとは、日本語で「縁」という意味なんです。

エン

それに、チャ・ハギョンを英字で書くと、最後が「N」だということもあって、「エン」としたんですよ。

エン

多くの人に覚えてもらいやすいですし。

エン

「縁」という言葉はとても綺麗じゃないですか?

エン

「縁」という単語自体がとても綺麗だと思います。

エン

人と人の間にある数多くの感情や数多くの出来事など、とてもたくさんのことを「縁」という一言で表現することは、綺麗だと思ったんです。

エン

それで、僕は「エン」という名前をつけました。


VIXX N K-POP 150823

好きな香りを作業室に


エン

僕は僕の空間が好きです。

エン

僕だけの空間があるということが好きなんです。

エン

今は僕の作業室がそうです。

エン

僕が音楽を作る場所は、僕だけの空間です。

エン

そこへ僕の好きな物を置いたり、僕の好きな香りにしたり、それがストレス解消にもなって良いです。

エン

特に、その部屋を僕の好きな香りにすることが、一番気分が良いんですよ。

エン

最近は、ディフューザーもあるし、自分で作ったりもできるそうですからね。

自作キャンドル

香りが好きなエンが自分で作ったキャンドルのプレゼント。



VIXX N K-POP 150823

収集癖

リップ製品を集める癖があって、お母さんに「生きている間に全部使い切れるのか」と怒られたリスナーの話を聞いて。

エン

写真を送ってくれましたね。

エン

いくつあるんでしょうか?
1、2、3…。

エン

26個もリップがあるようですね~!

エン

全部は使い切れないと思うけどな…ww

エン

でも、自分の好きな物を集める趣味は良いと思いますよ。

エン

最近、僕はキャンドルやディフューザーがとても好きなんです。

エン

たくさん集めることはできていませんが、僕の空間にひとつずつ置いているんですよ。

エン

僕が使うトイレにも置いて、僕が作業する作業室にも置いて、僕が寝る部屋にも置いています。

エン

そんな感じで集めているんですが、無理しているのでなければ、自分の好きな物を集めて、気分に合わせて使うのも良いと思いますよ。

エン

お母さんに言ってみてください。

エン

「無理はしないから。」

エン

「条件が合った時に、ひとつずつ、気分を良くするために買っているから。」

エン

「気分に合わせて使いたいのであって、全部使い切るわけではないから。」

エン

一度話してみれば、お母さんも理解してくれると思いますよ。

エン

隣で「絶対に理解してもらえるはずない!」と言っていますが、どんなお母さんか、僕にはわかりませんからね?w

エン

僕の母は理解してくれましたよ。


タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る