ジョンヒョンに駄々をこねるテミン

SHINee 2 O'CLOCK DATE 160301

ジョンヒョンに駄々をこねるテミン


DJ

SHINeeのメンバーであるジョンヒョンが、벌써(Already)という曲を作ってくれたそうね?

テミン

はい。

テミン

ジョンヒョンさんがアルバムに参加してくれました。
なにしろ作曲が上手なメンバーですので。

テミン

벌써(Already)という曲は、ジョンヒョンさんの感性で歌詞とメロディラインを作ってくれたので、ジョンヒョンさんの感性を僕が再表現している感覚だと言えると思います。

DJ

簡単にもらえた曲ではなかったそうね?

DJ

曲がもらえるまで、ジョンヒョンの部屋で寝そべっていたと聞いたわw

テミン

最初は僕にくれると約束してくれていたんです。

テミン

とても良い曲だという声が周囲から出始めると、ジョンヒョンさんが「これは僕が歌うべきかも!」と冗談を言い出したんですよw

テミン

それで、僕が「ヒョン!それなら僕は部屋から出て行かないからね!」と言ってww

テミン

ちょうど海外で活動している時だったんですよ。
その話を聞いたのが。

DJ

ホテルの部屋なのね?

テミン

はい。

テミン

それで、ジョンヒョンさんの部屋に行って、ベッドに横たわり、「くれないなら、出て行かないぞ!」と冗談をw

DJ

本当に100%冗談だった?

テミン

まぁ、半々だったようなww

DJ

wwww

DJ

本当に自分で歌いそうな気がするわよねw

テミン

もしかしてと思ってw


SHINee 2 O'CLOCK DATE 160301

テミンのアイデンティティー


DJ

5人でやっていたのに、1人でやることになると、とても感覚が違ってくるわよね?

テミン

1人でやることになると、確かにメンバー達に頼れる部分がなくなってしまいますよね。

テミン

そうすると、ステージや歌1曲に対する責任感が違ってくると思うんです。

テミン

それと同時に、楽しさもありますよ。

テミン

1人なので、自分だけの感性・自分だけの表現方式で、この曲を消化し、ステージを見せることができること自体が、僕のアイデンティティーを作り出して行くという感覚があるんです。

DJ

でも、コントなどをやる時には、アドリブ担当がいたわけでしょう?
KEYだとか!

テミン

はい。
とても上手ですね。

DJ

一人で演技をしないといけなくなったら…。

テミン

そういう時は、本当に緊張しますw

DJ

今は緊張していないわよね?

テミン

いや!
今も緊張していますw

DJ

緊張しているの?
涙が見えるみたい…。
大丈夫!?w

テミン

大丈夫です!w


SHINee 2 O'CLOCK DATE 160301

テミンは雨男


テミン

SHINeeは日本でツアーをよく行うんです。

テミン

SHINeeが日本に来るたびに、雨が降ると…。

テミン

「アメオトコ」という言葉があるんですよ。
雨を連れてくる男という意味なんです。

テミン

LAに行った時も、LAで雨は一年に一度あるかないかという程度なそうなんですが…。

DJ

そうね。

テミン

僕がLAでミュージックビデオを撮影したんですが、僕がいる間中ずっと雨が降っていたんですよ!

DJ

まぁ…。

DJ

皆さん!
雨が必要な時は、テミンを招待すればいいわよ!

テミン

www

DJ

砂漠とかね!

テミン

砂漠で撮影をしたんですけど…。

DJ

雨が降ったの!?

テミン

泥になっちゃって…。
砂漠の地面が。

DJ

砂漠にも雨が!?


タグ

HOME: OMNIVORE-CAFE へ戻る